読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想机上の紙片溜まり

なにか書くよ 推敲はしないと思うよ たまに技術系の話をしたときは論拠に乏しくてかなり怪しいよ

屍姦について書きつつ疲れたのでやめたやつ

この文章は「ネクロフィリアと性的多様性と人権について」(http://necrolife.blog.fc2.com/blog-entry-67.html)に触発されて書かれています。
執筆者の娯楽を目的に書かれているため、性行為の在り方や正義などについて、何らかの主張をするものではありません。また、執筆者が屍姦を好むという事実はありません。

 

屍姦について語るに際して、まず所謂セックス(狭義社会常識的セックス)について整理したいと思います。現代社会における狭義社会常識的セックスは男女一人ずつの対が行い、男性器を女性器に挿入する双方向コミュニケーションです。このとき多くの場合、避妊が行われます。セックスにおいて避妊が行われる以上は、必ずしも男性器を女性器に挿入する必要はなさそうです。ここでセックスを性器を刺激する双方向コミュニケーションとして捉えることで、LGBTについては(僕にとって)セックスに含まれます。
「生中射精し以外はセックスではない」「孕まなければセックスではない」といったワードはエロ漫画では歓迎しますが、さすがに大真面目に言ってると過激派にすぎるのではないでしょうか。
ここでまず確かめておきますが、一般に屍姦は妊娠しません。

 

セックスの意味するところを、性器を刺激する双方向コミュニケーションまで拡張しました。次に、「双方向コミュニケーション」について考えたいと思います。「性器を刺激する」に関しては「愛撫をセックスに含むのか、性感帯は可変ではないのか」などの面白い話を含むとは思いますが、本稿の主題は屍姦なので深く言及しません。コミュニケーションに関わる人数を増やすことで3P4Pなどについても考えることができますが、屍姦ではコミュニケーションに関わる人数は減りますので、減る方向で考えましょう。
双方向などと簡単に書きましたが、もう少し砕いて、人間のコミュニケーションは不完全な情報交換であることを示します。コミュニケーションを行う主体としてAとBが居るとして、一般に双方向のコミュニケーションを行うには大きく分けて「AがBの意図を推定する」「AがBに意思伝達を試みる」「BがAの意図を推定する」「BがAに意思伝達を試みる」の4つが必要になります。この「意図を推定する」というのが厄介で、例えばBが実在しない人物であったとしても、何らかの意図を推定することができてしまいます。こうしてBが実在することなく、Aにとっては双方向に見えるコミュニケーションを行うことについては、「中国語の部屋」といった思考実験や、「人工無能」と呼ばれるAI(最近ではbotと呼ぶ方が伝わりやすい?)などが例として挙げられます。
中国語の部屋」「人工無能」ではBがAの意図を理解しない、Aにとってのコミュニケーションが行われますが、さらに「BがAに意思伝達を試みる」ことすら欠く場合を考えましょう。極端な例を挙げると、眠くて舟をこいでるだけのBを相手にして、相槌を打ってると思い込んでAがしゃべり続けるやつです。あるいは、Bが完全に台本通りに動いていて、Aはそれに対して反応しているものの実際にはBの行動に何ら影響していないなど。それでも「AがBの意図を推定する」ことはできてしまい、Aにとっては「双方向な」コミュニケーションに見えるわけです。相対する人物に本当に精神があるのかといった話題については「哲学的ゾンビ」が有名だと思います。「風が泣いている」「植物が怒っている」などのアニミズムもこういったコミュニケーションの例ではないでしょうか。
生きているAにとってBの死体への屍姦が「双方向なコミュニケーション」の場合は、こういったことが起こっていると考えられます。

 

さて、ここまで屍姦をセックスの方向から考えてきましたが、次はセックスでない方向、オナニーから考えていきたいと思います。オナニーという語はオナンが避妊のために膣外射精した事に由来しますが、ここでは所謂オナニー、一人でする性的刺激を指します。つまり、コミュニケーションでない性的刺激です。オナニーでは物を補助的に使用して性感を高めることがありますが、これに死体を使えば屍姦になるということです。

 

屍姦を行う者A、死体になった者Bについて、Aにとって死体が単なる道具であればこれはオナニーですが、Bへのコミュニケーションである場合、これはセックスともオナニーとも表現しがたく、いっそセックスは結果的にコミュニケーションになったオナニーであると表現してしまえば全てが丸く収まる気がします。

 

コミュニケーション以外にも、死体はBの所有物であったものの現在Bが存在せず、その所有権が誰にあるのかといった問題などなどありますが疲れたのでここでやめます。